共同研究について

大阪市立大学では、当センターや医学研究科でターゲットとしている「疲労」「疲労の科学」「疲労回復」「抗疲労」をはじめとする予防医学・先制医療の研究はもとより、全学的にも「アンチエイジング」「安全・安心」「都市の健康科学」という観点の様々な課題に全学的に取り組んでいます。
さらに、当センターは、これら学内の連携に加え、位置している“知”の集積地「ナレッジキャピタル」の各機関との連携、医療・健康科学の先進地である大阪~関西の様々な基礎~臨床にわたる高度な先端研究機関・医療機関・公的機関との連携、地域の健康科学の推進の核である「関西バイオメディカルクラスター・健康科学推進会議」や「健康科学ビジネス推進機構」との連携など、健康科学イノベーションを創出する多様な機関とのネットワークを構築しています。
また、開業後一日平均17~18万人の来場者を記録しているグランフロント大阪の一角に当センターは位置しており、センターへの来場者も“参画者”として健康科学イノベーションに関わる仲間として協力いただくというコンセプトを実現する体制も手の届くところまで整備できてきました。
このような健康科学領域の研究開発・イノベーションのネットワークに関するハブ機能を有し、みんなで“拓く”健康科学イノベーション“ベースキャンプ”のコンセプトを展開する我々と一緒に健康長寿社会の実現や健康寿命延伸産業の育成の基盤となる研究・開発にトライしてみたいという研究者・企業の皆様などがいらっしゃいましたら、是非とも当センターへご相談、お問い合わせください。

研究連携

共同研究お問合せフォーム