子どもの疲労

 夜中まで子ども達の声が響く。夜中でも明るい街灯の下に子ども達の姿が見える。この状況に違和感を覚える方も少なくないと思います。

 学校の始業時刻は固定化されているため、十分な睡眠時間を確保し、疲れをとり朝すっきりとした目覚めを得て意欲的な1日を送るためには、早く眠るしかない。しかし、大人の残業時間と変わらないほど夜遅くまで活動し続けている子ども達の残業型生活が固定化されている例も少なくなく、慢性的な睡眠不足から慢性疲労状態に陥り、学習意欲が湧かない子ども達がいます。そして、慢性疲労状態は子どもの脳機能の発達にも影響を及ぼすことが、私たちの研究から明らかになっています。

 大阪市立大学大学院医学研究科システム神経科学・教授(現、名誉教授)の渡邊恭良が研究代表者を務めた科学技術振興機構『脳科学と教育』「非侵襲的脳機能計測を用いた意欲の脳内機序と学習効率に関するコホート研究」(平成16~21年度)において、私たちは平成18年(2006年)に約2千名の小中学生を対象とした疲労、学習意欲と生活習慣等に関するアンケート調査研究を実施しました。その結果、9%の小学校高学年生(4~6年生)が、また19%の中学生が、1カ月以上続く疲労状態にあることが分かりました。疲労している児童生徒の生活習慣の特徴は、平日の睡眠時間が短いことであり、特に小学6年生から中学1年生にかけて平日の睡眠時間が約1時間も短くなっていました。

学習意欲と生活習慣等に関するアンケート調査

 それでは、今の子ども達の疲労状態は?この問いに応えるべく私たちは平成27年(2015年)から、小学4年生~高校3年生を対象に、約2万人規模のアンケート調査研究を開始しました。本研究の枠組みの1つとして、大阪市淀川区が進めていた「ヨドネル!-ヨドガワ・ヨクネル・ヨルネル-」プロジェクト(※)と協働し、大阪市立大学と淀川区、区内小中学校が連携し、本アンケート調査の結果を基に子どもの睡眠習慣を主軸とした疲労軽減、学習意欲と脳機能改善を目指した取り組みを進めています。

 この「ヨドネル大規模調査」(※)では、淀川区内の小中学校23校において、平成28年(2016年)の6~7月に小学4年生から中学2年生を対象に本アンケート調査を実施しました。回答率も9割以上と高く、約5,300名の回答を得ました。調査の結果、30%の小学校高学年生が、46%の中学生が1カ月以上続く疲労状態にありました。

淀川区役所「ヨドネル(子どもの睡眠習慣改善支援事業)

(※)淀川区役所「ヨドネル(子どもの睡眠習慣改善支援事業)」

 小学生から中学生にかけて疲労度が高まる背景として、睡眠が十分にとれていないことが挙げられます。ヨドネル大規模調査においても平日の平均睡眠時間が小学6年生では8時間24分に対し、中学1年生では7時間46分と、約40分も睡眠時間が短くなっています。

平日の平均睡眠時間

 それでは、平日の睡眠時間を左右する生活習慣とは何でしょうか?本調査からは、携帯電話・スマートフォンを用いてのクラスメイトや友達とのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を、利用していない(8時間36分)に比べ、毎日利用する(7時間41分)場合は平日の睡眠時間が1時間も短いことが分かりました。また、平日の自宅でのパソコン利用時間については、1時間未満(8時間28分)に比べ3~5時間(7時間47分)、5時間以上(7時間16分)では睡眠時間が著しく短く、さらに平日の夜にコンビニエンスストアに、まったく行かない(8時間26分)、時々行く(8時間4分)、よく行く(7時間28分)と、利用頻度に相関して平日の睡眠時間が短くなっていました。加えて、家の人とみんなで夕食をとっているか、勉強や学習を頑張った時に家の人が褒めてくれるか、これらの頻度が少ないほど平日の睡眠時間が短いことも分かりました。

 これらの結果から見えてくるのは、十分な睡眠時間を確保するためには、夜間にできるだけ強い光を浴びないような生活を送ることです。そして、自宅に居てもSNSを多用するなど外の世界と繋がることではなく、家族が集い十分なコミュニケーションがとれる環境と時間を持つことが必要です。会話の中で、学習面でも褒められ、支えられていると感じることができる状態、つまり保護者などの親密な関係者から受容されている感覚、他者受容感が満たされていることが重要です。

 子どもの健康力を高めるためには、不規則な生活パターンを改め、夜更かしをしない生活を送ることが肝要ですが、個々の児童生徒、あるいは家族単位だけで実現していくことは困難な面があります。社会全体が、子供達がしっかりと眠れる環境が重要であるという認識を強く持つ国民全体の意識改革が必要と感じています。家族と過ごす時間や家族からの褒めといった、家族との密接な関わり習慣が、小中学生の疲労蓄積を防ぐためにも重要であるため、子供の睡眠だけでなく、大人の生活時間、働き方、睡眠習慣も同時に考えていく必要があります。

mizuno

【PROFILE】 水野 敬

主な研究テーマは、子供の疲労、学習意欲と脳機能発達に関する脳科学研究・調査研究など。現在、理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム・健康計測解析チーム、同ライフサイエンス技術基盤研究センター健康・病態科学研究チーム、大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座、同健康科学イノベーションセンターに所属。